働き方改革 企業 / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > 働き方改革 企業

働き方改革 企業

  • 中小企業がSDGsに取り組むメリット

    「SDGsについて取り組みを行うのは大企業にとってメリットがあるからであって中小企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。「中小企業がSDGsの達成だけを目的に取り組みを行うのは難しいが、通常業務の中に組み入れることはできないだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっし...

  • 持続的に発展する企業の組織作り

    「SDGsに取り組んでいくことで、企業の持続的な発展につなげることができると聞いたが、実際どのように効果があるのか理解できない。「SDGsの取り組みをすすめるなかで、組織体制の強化に活用できることはあるだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、SD...

  • 【弁護士が解説】電子契約導入のメリットや注意点

    その背景には、新型コロナウイルスの蔓延によるリモートワークの導入などの働き方が多様化や人材不足・ペーパーレス化・働き方改革による業務の効率化の要請があります。 ◇電子契約とは電子契約とは、従来書面で行われていた契約書の作成と契約をインターネット上で行うことをいいます。書類を電子データで保存することや、電子署名に従...

  • 働き方改革において企業がするべき対応や対策とは?

    近年の働き方改革関連法の動向を受けて、対応を余儀なくされている企業も少なくないでしょう。また、具体的にどのような対応をとるべきか分からない企業もあるかと思います。このページでは、働き方改革とは何か、その内容と、企業がするべき対応・対策について、ご説明します。 ◆働き方改革とは日本は少子高齢化が深刻であり、労働力不...

  • 自治体SDGsの導入事例

    つくば市では「持続可能なまちづくり」を掲げ市民、大学、企業といった様々なステークホルダーが様々な事柄を共有するためのプラットフォームを構築しています。このような取り組みはSDGsへの向き合い方として重要なものです。また、SDGsの目標やターゲットを参考にしながら「つくば市未来構想」を策定しています。このようにつく...

  • 地方自治体のSDGsの向き合い方と課題

    加えて、自治体だけでなく政府や民間企業、地域住民の方々といった多様なかかわりが長期の活動の中では不可欠です。こうした様々な関わりを意識し向き合っていく必要があります。 このような考えはSDGsの理念にも関わってきます。「誰一人として取り残さない」というのがSDGsで掲げられている理念です。多様なかかわりを意識する...

  • 地方創生にSDGsが必要な理由

     したがってSDGsに沿った活動は、互いの根本の理念を達成していく事につながるものがあるのです。坂・畠山法律事務所では、大阪府を中心に全国の皆様から企業法務、SDGs推進といった事柄に関するご相談を承っております。SDGsの推進に関して何かご相談事がございましたら当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 地方創生とは

     坂・畠山法律事務所では、大阪府を中心に全国の皆様から企業法務、SDGs推進といった事柄に関するご相談を承っております。SDGsの推進に関して何かご相談事がございましたら当事務所までお気軽にご相談ください。

  • SDGsへの取り組みについてお悩みの方は坂・畠山法律事務所へご相談ください

    企業価値の向上を図るためSDGsに取り組みたいと考えているが、どこから手を付けるべきか分からず困っている。「SDGs達成に向けた取り組みを効果的に行うためには、どういった社内整備を行う必要があるだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 SDGsとは、2015年9...

  • 不動産業界や町づくりとSDGs

    SDGsには、大きく分けて17の取り組みがあり不動産業や街づくりを行っていく企業もこれらの中から深くかかわることのできるものが存在しています。 例えば目標1.「貧困をなくそう」目標3.「すべての人に健康と福祉を」目標11.「住み続けられる街づくりを」といったものなどが顕著です。世界人口のうち都市に居住する方々の割...

  • 事業承継・M&A

    事業承継とは会社を後継者へ引き継ぎ、企業を残していくことです。企業を残していくことは意義のあることです。それは経営者の方にとってはもちろん、社会にとっても大変重要なことなのです。 その重要性を考えるためにも事業承継問題の現状を簡単に見ていきます。 現在、事業承継ができないことによって多くの企業が廃業に追い込まれて...

  • SDGsから考える企業法務

    「SDGsに対する取り組みは広報的な側面が強調されがちだが、企業法務についても影響があるものなのだろうか。「企業として必ずしもSDGsに取り組む必要性はないのではないかとも思うが、なぜ取り組む必要があるのだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、S...

  • 企業がSDGsを取り入れるメリット

    「SDGsへの取り組みを推進することを呼びかける声があるが、企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。「SDGsの取り組みをすすめることにより具体的にどういったメリットがあるのかが分からず、二の足を踏んでいる。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは...

  • 日本でのSDGsの取り組み事例

    企業価値の向上のためにもSDGsの取り組みを実施するべきだと聞いたが、一体どういったことを実施すればよいのか分からない。「SDGsの取り組みについて検討しているが、参考となるような日本での事例はどういったものがあるだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このペ...

  • ESGとSDGsの関係

    ESGは、近年、企業を評価する際のものさしとして重要視されてきています。 企業は利益を得ることが命題とされていますが、企業が“持続的”に利益を得るためには、環境や社会、ガバナンスに対する取り組みが十分であることが大きな要因となっていると考えられるようになったのです。ESGは、2006年、コフィー・アナン国連事務総...

  • ディーセントワークとは

    の4つがディーセントワークと企業経営に関する調査研究事業報告書によってまとめられています。 弁護士にご相談いただけましたら労働に関する紛争やパワハラ、セクハラ等の問題が発生した際の対処はもちろんのこと、それらの問題の発生の予防に関しても適切なアドバイスを行いディーセントワークの実現に向けた環境の整備をお手伝いする...

  • ハラスメント対策

    坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。ハラスメント対策についてお悩みの方はお気軽に坂・畠山法律事務所へご相談ください。

  • 企業間紛争・訴訟

    企業間の紛争、訴訟においては個人間の紛争や訴訟と比べても取り扱う金額が大きく、契約関係も複雑となるため、より慎重な対応が求められます。さらには相手方の企業が資金繰りに苦しんでおり資力がない場合には債権回収ができない場合もありますのでその点に関しても注意する必要があります。 企業間の紛争予防に際しては契約が非常に重...

  • 顧問弁護士の役割や相場費用

    一般的に、顧問弁護士とは企業内外で起こる法律問題・トラブルについてアドバイス・提案・解決などをする形で継続的にサポートする弁護士のことをいいます。顧問弁護士の特徴は企業との1回きりの付き合いにならないことです。つまり、むしろ継続的なサポートをすることが目的であるため、企業との関係性を育む中でその会社の長所・短所に...

  • 契約書の作成・リーガルチェック

    近年の日本社会においても企業活動における契約書の存在感は増加してきたといって良いでしょう。これは業務提携や株式譲渡における契約書などの他企業との取り引きにおける契約書の存在のみならず、労働契約における契約内容の取り決めなど、社内における契約書の作成もその存在感を高めています。 ところで、当事者が契約書の内容を守ら...

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確にし、適正な労務管理と紛争を防止するためであります。基準を明確にすることにより透明性を確保し、健全な企業発展をするという意味でも重要な手続きになります。 就業規則を作成・変更をするには、 ①当該...

  • 職場内のモラハラ対策

    モラハラに類似したパワハラの対策が義務化される中で、企業も職場内における様々なハラスメントにどのように対処すれば良いかを考える必要が出てきています。 一般的なモラハラ(モラル・ハラスメント)の定義は「精神的な人格攻撃」などといわれます。もっとも、モラハラという言葉で指す事象は人により異なりますし、またモラハラがセ...

  • 身近にできるSDGsの取り組み

    企業活動に目を転ずれば、SDGsの取り組みを行うことで大いに社会貢献を行うことができ、より大きな社会の信頼を得ることができます。SDGsの目標17は「持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する」のテーマのもと、19の課題が設定されています。このSDGsの様々な目標に積極的に取...

  • M&Aのメリット

    優良企業の支援を得ることで、事業展開や新規参入などができることもあります。そして、廃業せずに承継させることで、廃業コストがかからないという点も利点です。 一方で買い手側のメリットとしては、対象会社の資産を承継することで、現在の事業の拡大を図ることができる点があげられます。不動産や設備だけでなく、ノウハウや顧客基盤...

  • ホワイト企業の特徴

    ホワイト企業とは、ブラック企業との対義語として生まれた言葉であり、働きやすいイメージを持つ方が多いでしょう。ホワイト企業の特徴として、以下のことがあげられます。 ・離職率が低い・福利厚生の充実・有給休暇取得率が高い・サービス残業が少ない、もしくは全くない・社員の研修・教育の制度が整っている・女性の活躍が推進されて...

  • コンプライアンスとは

    もっとも、企業においては、法令だけを守ればいいのではなく、倫理や公序良俗などの社会的規範にしたがった行動をしなければなりません。企業倫理の問題としては、情報漏洩、データの改ざん、パワハラ・セクハラなどのハラスメント、ジェンダー差別などです。これらの問題が明るみになると、消費者である国民や取引先企業からの信頼を失っ...

  • 2022年4月から中小企業にも義務化されたパワハラ防止法について解説

    2022年4月から中小企業もパワハラ防止法の適用対象となりました。このページでは、パワハラ防止法についてご説明します。 ◆パワーハラスメントとはパワハラ防止法は、文字通りパワハラの防止を目的とする法律です。では、そもそも「パワハラ」とは何でしょうか。パワハラとは、職場において行われる①優越的な関係を背景とした言動...

事務所が提供する基礎知識

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確...

  • 地方自治体のSDGsの向...

    地方創生を推進していく中で、SDGsの考えを取り入れ目標を達成していく事が重要になりつつあります。その際、地方自治体がS...

  • 身近にできるSDGsの取...

    21世紀以降地球温暖化が指摘されて久しいですが、持続可能な社会という地球規模の目標として2015年に国連でSDGsが定め...

  • 働き方改革において企業が...

    近年の働き方改革関連法の動向を受けて、対応を余儀なくされている企業も少なくないでしょう。また、具体的にどのような対応をと...

  • パートナーシップ制度の導...

    現行の日本における憲法や民法などの規定においては、婚姻は男女のみでなされることになっています(例えば、憲法24条1項参照...

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場におけるハラスメントか問題になっています。これらの問題が発生し...

  • 中小企業がSDGsに取り...

    「SDGsについて取り組みを行うのは大企業にとってメリットがあるからであって中小企業にとってはコストでしかないのではない...

  • ESGとSDGsの関係

    「ESGやSDGsという言葉をよく耳にするようになったが、どういった意味を持っているのかよく分からない。」「ESGあるい...

  • 不動産業界や町づくりとS...

    SDGs(持続可能な開発目標)が国連サミットで採択されて以降、不動産業界でもSDGsへの取り組みが大きな関心を集めていま...

  • 企業間紛争・訴訟

    企業間の紛争、訴訟においては個人間の紛争や訴訟と比べても取り扱う金額が大きく、契約関係も複雑となるため、より慎重な対応が...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ