事業承継・M&A / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > 企業とSDGs > 事業承継・M&A

事業承継・M&A

〇事業承継問題の現状

 

事業承継とは会社を後継者へ引き継ぎ、企業を残していくことです。
企業を残していくことは意義のあることです。それは経営者の方にとってはもちろん、社会にとっても大変重要なことなのです。

 

その重要性を考えるためにも事業承継問題の現状を簡単に見ていきます。

 

現在、事業承継ができないことによって多くの企業が廃業に追い込まれています。
この廃業のダメージは非常に大きく、中小企業庁は「2025年までに約127万社が廃業、約22兆円の経済損失」とし、国をあげて事業承継が円滑に行えるような施策に取り組んでいます。

 

これまでの日本では、親族が継ぐ親族承継が主な事業承継でした。
しかし、少子高齢化の影響も大きく人材不足によって事業承継難に陥っている企業も多いのです。
そこで、後継者がいなくても企業を残す方法としてM&Aが注目を集めています。
M&Aを仲介するサービスも非常に盛んです。

 

〇事業承継とSDGs

 

この事業承継の問題はSDGsとも関係します。
SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で「持続可能な開発目標」という意味です。
SDGsには17の目標が定められていますが、その多くの部分で企業を残すことは重要な意義も持ちます。

 

例えば、「産業と技術革新の基盤を作る」「働きがいのある場を作ること」「住み続けられる地域作り」といった目標です。
企業が廃業となってしまえば、それまで培ってきた技術やノウハウは失われ、地域の雇用も失われます。
当該地域で企業の廃業が続いてしまったら、その地域で住み続けることが難しくなる人も出てくるでしょう。

 

このように企業は一つ一つの企業が産業の基盤であり、地域にとって重要な「雇用」を産み出しているのです。

事務所が提供する基礎知識

  • SDGsとESGの関係

    SDGsとは、国連サミットにおいて採択されたもので、「持続可能な開発目標」のことをいいます。世界中のすべての人に対して、...

  • コーポレートガバナンスと...

    昨今、企業の経営陣の不祥事が社会から注目を浴びることも珍しくありません。経営陣の不祥事は、不祥事が直接起因して企業に損害...

  • ジェンダー平等はなぜ必要...

    近年、ジェンダー平等に関する議論が世界的に盛り上がっています。ジェンダー平等とは、男女や性的マイノリティの人々が、自己実...

  • パートナーシップ制度の導...

    現行の日本における憲法や民法などの規定においては、婚姻は男女のみでなされることになっています(例えば、憲法24条1項参照...

  • 地方創生とは

    現在日本では、人口減少が大きな問題になっています。特に地方ではそうした傾向が顕著です。こうした事象に対応するため、「まち...

  • ホワイト企業の特徴

    ホワイト企業とは、ブラック企業との対義語として生まれた言葉であり、働きやすいイメージを持つ方が多いでしょう。ホワイト企業...

  • 顧問弁護士の役割や相場費...

    一般的に、顧問弁護士とは企業内外で起こる法律問題・トラブルについてアドバイス・提案・解決などをする形で継続的にサポートす...

  • 企業がSDGsを取り入れ...

    「SDGsへの取り組みを推進することを呼びかける声があるが、企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。」「SDG...

  • 従業員エンゲージメントと...

    従業員エンゲージメントとは、従業員が会社の向かっている方向性に共感し、自発的に貢献したいと思う意欲のことをいいます。従業...

  • M&Aのメリット

    後継者がいないなど、事業承継問題に直面した際には、M&Aという手段があります。合併や株式譲渡、事業譲渡などの方法を用いて...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ