企業がSDGsを取り入れるメリット / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > 企業とSDGs > 企業がSDGsを取り入れるメリット

企業がSDGsを取り入れるメリット

「SDGsへの取り組みを推進することを呼びかける声があるが、企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。」
「SDGsの取り組みをすすめることにより具体的にどういったメリットがあるのかが分からず、二の足を踏んでいる。」
SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。

 

このページでは、SDGsにまつわる数多くのテーマのなかから、企業がSDGsを取り入れるメリットについてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。

 

■企業がSDGsを取り入れるメリット
SDGsとは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された、17の国際目標群と、その下にある169のターゲットをさします。
SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。

 

たとえば、SDGsの目標のなかには、「ジェンダーの平等」があります。
日本では、男女雇用機会均等法をはじめとして、男女差別の撤廃を図るための法整備が行われており、「ジェンダーの平等」という目標の達成のための施策は、企業にとっての重要性が高いものです。
女性が出産や育児などのライフイベントを経た後でも職場復帰しやすい環境を整えることは、女性が男性同様に継続的に働きやすい職場にすることです。
「ジェンダーの平等」を目指す取り組みが行われている企業は、就職活動を行う女性にとっても、従業員にとっても魅力的であり、企業の人財の拡充につながります。

 

こうした一つ一つのSDGsの目標に向けた取り組みが持つメリットだけではなく、SDGs達成に向けて種々の取り組みを行っていることが、対外的なアピールポイントとなり、企業価値の向上に資すると考えられます。
実際に、環境、社会、ガバナンスを踏まえたESGは投資先の検討材料として重要視されています。

 

SDGsは、社会に良い影響を与えるだけではなく、企業自身にも持続的な発展な発展という果実をもたらすのです。

 

坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。
豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルティング等に力を入れております。
SDGsへの取り組みについてお悩みの方はお気軽に坂・畠山法律事務所へご相談ください。

事務所が提供する基礎知識

  • 企業においてできるサステ...

    近年、企業においてサスティナビリティ(持続可能性)に配慮した取り組みが求められるようになっています。サスティナブルな企業...

  • ESGとSDGsの関係

    「ESGやSDGsという言葉をよく耳にするようになったが、どういった意味を持っているのかよく分からない。」「ESGあるい...

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確...

  • ディーセントワークとは

    ディーセントワークとは権利が保護され、十分な収入を生み、適切な社会保護が供与された生産的仕事のことをいいます。日本におい...

  • 契約書の作成・リーガルチ...

    近年の日本社会においても企業活動における契約書の存在感は増加してきたといって良いでしょう。これは業務提携や株式譲渡におけ...

  • 顧問弁護士の役割や相場費...

    一般的に、顧問弁護士とは企業内外で起こる法律問題・トラブルについてアドバイス・提案・解決などをする形で継続的にサポートす...

  • 事業承継・M&...

    〇事業承継問題の現状 事業承継とは会社を後継者へ引き継ぎ、企業を残していくことです。企業を残していくことは意義...

  • 2022年4月から中小企...

    2022年4月から中小企業もパワハラ防止法の適用対象となりました。このページでは、パワハラ防止法についてご説明します。&...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました...

  • コーポレートガバナンスと...

    昨今、企業の経営陣の不祥事が社会から注目を浴びることも珍しくありません。経営陣の不祥事は、不祥事が直接起因して企業に損害...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ