ESGとSDGsの関係 / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsとは > ESGとSDGsの関係

ESGとSDGsの関係

「ESGやSDGsという言葉をよく耳にするようになったが、どういった意味を持っているのかよく分からない。」
「ESGあるいはSDGsについての施策を実施するべきだと言われることがあるが、両者にどういった違いがあるのだろうか。」
ESGやSDGsというキーワードについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。

 

このページでは、SDGsにまつわる数多くのテーマのなかから、ESGとSDGsの違いについてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりたいと思います。

 

■ESGとは
ESGとは、「Environment」(環境)、「Social」(社会)、「Governance」(ガバナンス)の3つの単語の頭文字を取った言葉です。
ESGは、近年、企業を評価する際のものさしとして重要視されてきています。

 

企業は利益を得ることが命題とされていますが、企業が“持続的”に利益を得るためには、環境や社会、ガバナンスに対する取り組みが十分であることが大きな要因となっていると考えられるようになったのです。
ESGは、2006年、コフィー・アナン国連事務総長が発表した「責任投資原則」に表されたのが始まりです。その中では、ESGの観点を踏まえた活動を行っている企業を投資対象企業として選定することが求められました。
一昔前まで企業が利益追求のためにESGを犠牲にし、公害などを引き起こしていましたが、そうしたESGに相反する企業は長期的にみると淘汰されていくと考えられています。

 

■SDGsとは
SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された、17の目標群をさします。
SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。

 

SDGsは、貧困の解消や生物多様性の保護などを目指す17の目標の下に169の具体的なターゲットが設定されており、国を超えて取り組むべき課題が多く設定されています。

 

■ESGとSDGsの関係
ESGが主に投資対象としての企業価値を測る物差しという役割が強い一方で、SDGsは国や企業などが目指すべき目標を示しています。
企業活動に資金が必須であることからすれば、ESGは投資側からの視点、SDGsは企業活動で目指す取組の視点であって、表裏一体のものと言えます。
ESGについて高い評価を得るためには、SDGsに示された目標を目指す施策を打つのが効果的であると言えるでしょう。

 

坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。
豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルティング等に力を入れております。
SDGsへの取り組みについてお悩みの方はお気軽に坂・畠山法律事務所へご相談ください。

事務所が提供する基礎知識

  • 地方自治体のSDGsの向...

    地方創生を推進していく中で、SDGsの考えを取り入れ目標を達成していく事が重要になりつつあります。その際、地方自治体がS...

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました...

  • ディーセントワークとは

    ディーセントワークとは権利が保護され、十分な収入を生み、適切な社会保護が供与された生産的仕事のことをいいます。日本におい...

  • 身近にできるSDGsの取...

    21世紀以降地球温暖化が指摘されて久しいですが、持続可能な社会という地球規模の目標として2015年に国連でSDGsが定め...

  • 持続的に発展する企業の組...

    「SDGsに取り組んでいくことで、企業の持続的な発展につなげることができると聞いたが、実際どのように効果があるのか理解で...

  • 企業間紛争・訴訟

    企業間の紛争、訴訟においては個人間の紛争や訴訟と比べても取り扱う金額が大きく、契約関係も複雑となるため、より慎重な対応が...

  • 企業がSDGsを取り入れ...

    「SDGsへの取り組みを推進することを呼びかける声があるが、企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。」「SDG...

  • コンプライアンスとは

    そもそもコンプライアンスとは、法令遵守を意味しています。もっとも、企業においては、法令だけを守ればいいのではなく、倫理や...

  • 【弁護士が解説】電子契約...

    現在のリーガルテック市場で最も活用されているのが、「電子契約」です。このページでは、現在のリモートワークが浸透する日本で...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ