リーガルテック とは / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > リーガルテック とは

リーガルテック とは

  • 【弁護士が解説】電子契約導入のメリットや注意点

    現在のリーガルテック市場で最も活用されているのが、「電子契約」です。このページでは、現在のリモートワークが浸透する日本で注目されるリーガルテックとは何か、リーガルテックで提供されるサービスには、「電子契約」「契約書管理」「契約書レビュー」があるところ、そのうち特に浸透している電子契約とは何か、メリットと注意点をご...

  • 地方創生とは

    3本の矢とは具体的に「情報支援の矢」「人材支援の矢」「財政支援の矢」の事を指しています。 ・情報支援の矢RESAS(地域経済分析システム)を中心に情報面から地方創生の支援を行います。人の流れや人口動態といった必要になりうるデータをわかりやすく可視化することによって、各自治体が必要な情報を迅速かつ容易に手に入れるこ...

  • SDGsへの取り組みについてお悩みの方は坂・畠山法律事務所へご相談ください

    SDGsとは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された、17の目標群と、その下にある169のターゲットのことをさします。SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。 SDGsは、一見すると大きな目標ばかりで、身近な取り組...

  • 中小企業がSDGsに取り組むメリット

    「中小企業がSDGsの達成だけを目的に取り組みを行うのは難しいが、通常業務の中に組み入れることはできないだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、SDGsにまつわる数多くのテーマのなかから、中小企業がSDGsに取り組むメリットについてスポットライト...

  • 事業承継・M&A

    事業承継とは会社を後継者へ引き継ぎ、企業を残していくことです。企業を残していくことは意義のあることです。それは経営者の方にとってはもちろん、社会にとっても大変重要なことなのです。 その重要性を考えるためにも事業承継問題の現状を簡単に見ていきます。 現在、事業承継ができないことによって多くの企業が廃業に追い込まれて...

  • SDGsから考える企業法務

    SDGsとは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された、17の国際目標群と、その下にある169のターゲットをさします。SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。 「SDGsはあくまで目標についての話であって、企業法務に...

  • 企業がSDGsを取り入れるメリット

    SDGsとは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された、17の国際目標群と、その下にある169のターゲットをさします。SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。 たとえば、SDGsの目標のなかには、「ジェンダーの平等」...

  • 持続的に発展する企業の組織作り

    「SDGsの取り組みをすすめるなかで、組織体制の強化に活用できることはあるだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、SDGsにまつわる数多くのテーマのなかから、持続的に発展する企業の組織作りについてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいりた...

  • 日本でのSDGsの取り組み事例

    SDGsとは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された、17の目標群とその下にある169のターゲットをさします。SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。 SDGsについては日本政府も率先して取り組んでいます。日本政府...

  • ESGとSDGsの関係

    ■ESGとはESGとは、「Environment」(環境)、「Social」(社会)、「Governance」(ガバナンス)の3つの単語の頭文字を取った言葉です。ESGは、近年、企業を評価する際のものさしとして重要視されてきています。 企業は利益を得ることが命題とされていますが、企業が“持続的”に利益を得るために...

  • ディーセントワークとは

    ディーセントワークとは権利が保護され、十分な収入を生み、適切な社会保護が供与された生産的仕事のことをいいます。日本においては(1)働く機会があり、持続可能な生計に足る収入が得られること(2)労働三権などの働く上での権利が確保され、職場で発言が行いやすく、それが認められること(3)家庭生活と職業生活が両立でき、安全...

  • 顧問弁護士の役割や相場費用

    一般的に、顧問弁護士とは企業内外で起こる法律問題・トラブルについてアドバイス・提案・解決などをする形で継続的にサポートする弁護士のことをいいます。顧問弁護士の特徴は企業との1回きりの付き合いにならないことです。つまり、むしろ継続的なサポートをすることが目的であるため、企業との関係性を育む中でその会社の長所・短所に...

  • 契約書の作成・リーガルチェック

    現代において、細部の規定までびっしりと決められた契約書が作成されることは珍しいことではありません。このときに、面倒になり全てをしっかりと読まずに契約書にサインをしてしまうことで、自社に不利益な契約項目を見落としてしまうこともあり得ます。法律家の手によるリーガルチェックを経ることで不利益な項目を発見し、契約書を修正...

  • 職場内のモラハラ対策

    しかしながら、前述したようにパワハラ対策が企業に義務化されることに鑑みれば、パワハラの萌芽とモラハラを位置付けることはできます。 モラハラの類型としては、 ①暴力的な発言や悪口、陰口などの人格攻撃②職場における無視などの孤立させるような行為③私生活への過度な干渉④仕事を奪ったり押し付けるなどの業務妨害⑤面前での暴...

  • 身近にできるSDGsの取り組み

    SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称で、17の大きな目標と169の課題が設定されています。2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すことになっています。 このように、地球規模で、そして長期的なSDGsですが、身近にできることもあります。例えばゴ...

  • パートナーシップ制度の導入

    SDGsの目標を達成するためにもパートナーシップ制度を導入することは重要な意味を持つことになります。 もちろん、パートナーシップ制度は男女間でなされる法律婚に比べるとその恩は小さいですが、メリットもあります。パ=トナーシップ制度が自治体ごとに定められ、それぞれの内容が異なっているために一概に言うことは難しいですが...

  • ホワイト企業の特徴

    ホワイト企業とは、ブラック企業との対義語として生まれた言葉であり、働きやすいイメージを持つ方が多いでしょう。ホワイト企業の特徴として、以下のことがあげられます。 ・離職率が低い・福利厚生の充実・有給休暇取得率が高い・サービス残業が少ない、もしくは全くない・社員の研修・教育の制度が整っている・女性の活躍が推進されて...

  • コンプライアンスとは

    そもそもコンプライアンスとは、法令遵守を意味しています。もっとも、企業においては、法令だけを守ればいいのではなく、倫理や公序良俗などの社会的規範にしたがった行動をしなければなりません。企業倫理の問題としては、情報漏洩、データの改ざん、パワハラ・セクハラなどのハラスメント、ジェンダー差別などです。これらの問題が明る...

  • 働き方改革において企業がするべき対応や対策とは?

    このページでは、働き方改革とは何か、その内容と、企業がするべき対応・対策について、ご説明します。 ◆働き方改革とは日本は少子高齢化が深刻であり、労働力不足に直面しています。労働力不足は、国全体の生産力の低下、国力の低下をもたらします。そこで、これらを解消するべく、掲げられたのが、「働き方改革」です。長時間労働が広...

  • 2022年4月から中小企業にも義務化されたパワハラ防止法について解説

    ◆パワーハラスメントとはパワハラ防止法は、文字通りパワハラの防止を目的とする法律です。では、そもそも「パワハラ」とは何でしょうか。パワハラとは、職場において行われる①優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③労働者の就業環境が害されるものをいいます。パワハラにあたるかど...

事務所が提供する基礎知識

  • 【弁護士が解説】電子契約...

    現在のリーガルテック市場で最も活用されているのが、「電子契約」です。このページでは、現在のリモートワークが浸透する日本で...

  • 2022年4月から中小企...

    2022年4月から中小企業もパワハラ防止法の適用対象となりました。このページでは、パワハラ防止法についてご説明します。&...

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確...

  • 不動産業界や町づくりとS...

    SDGs(持続可能な開発目標)が国連サミットで採択されて以降、不動産業界でもSDGsへの取り組みが大きな関心を集めていま...

  • 身近にできるSDGsの取...

    21世紀以降地球温暖化が指摘されて久しいですが、持続可能な社会という地球規模の目標として2015年に国連でSDGsが定め...

  • SDGsへの取り組みにつ...

    「企業価値の向上を図るためSDGsに取り組みたいと考えているが、どこから手を付けるべきか分からず困っている。」「SDGs...

  • 働き方改革において企業が...

    近年の働き方改革関連法の動向を受けて、対応を余儀なくされている企業も少なくないでしょう。また、具体的にどのような対応をと...

  • ESGとSDGsの関係

    「ESGやSDGsという言葉をよく耳にするようになったが、どういった意味を持っているのかよく分からない。」「ESGあるい...

  • ホワイト企業の特徴

    ホワイト企業とは、ブラック企業との対義語として生まれた言葉であり、働きやすいイメージを持つ方が多いでしょう。ホワイト企業...

  • 契約書の作成・リーガルチ...

    近年の日本社会においても企業活動における契約書の存在感は増加してきたといって良いでしょう。これは業務提携や株式譲渡におけ...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ