従業員エンゲージメントとは?必要性や向上による効果など / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > 企業とSDGs > 従業員エンゲージメントとは?必要性や向上による効果など

従業員エンゲージメントとは?必要性や向上による効果など

従業員エンゲージメントとは、従業員が会社の向かっている方向性に共感し、自発的に貢献したいと思う意欲のことをいいます。
従業員のモチベーションや満足度とは異なります。
満足度は、単に会社への居心地の良さを指しますし、モチベーションは従業員自身の心理状態を指します。
エンゲージメントとは、あくまで従業員と会社との関係性のことを指します。
従業員の定着率や業績を改善する方法として、従業員エンゲージメントの向上はとても重要です。

 

従業員エンゲージメントを上げる方法は、会社の社風や地域性によっても異なります。
例えば、アメリカの会社か日本の会社かでも大きく変わってくるといえます。
もっとも、エンゲージメントを高める取り組みとして、次のことに配慮している会社があります。

 

例えば、企業の理念を明確に示して従業員と共有する、上司部下問わずコミュニケーションを活発化させる、ワークライフバランスへの対応、キャリア形成の明確化、適切な人事評価と報酬、福利厚生の充実化などです。
これらの取り組みをすることによって、エンゲージメントが上がれば、離職率は改善し、優秀な人材の育成をもっと推進できるようになります。
また、会社の評判が上がれば、優秀な人材を採用することもできます。
そして、社内が明るく活発になれば、建設的なコミュニケーションも図れるようになり、生産性と業績の向上にも繋がります。
このように、従業員エンゲージメントを上げることは、企業にとって非常に大きなメリットになります。

 

SDGsに取り組んでいる企業の方は、坂・畠山法律事務所までご相談ください。SDGsとは、「持続可能な開発目標」であり、これを果たすことは企業の社会的責任です。モラハラ・セクハラなどの防止、リーガルテック、働き方改革、M&A、地方創生、労務管理、コンプライアンスなど、これらはすべてSDGsに関連するものです。これらについてご相談の際は、ご連絡ください。当事務所は、大阪府大阪市に事務所を構えており、枚方市、豊中市などの市町村の他、全国からもご相談を承っております。ご相談、お待ちしております。

事務所が提供する基礎知識

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確...

  • 【弁護士が解説】電子契約...

    現在のリーガルテック市場で最も活用されているのが、「電子契約」です。このページでは、現在のリモートワークが浸透する日本で...

  • 持続的に発展する企業の組...

    「SDGsに取り組んでいくことで、企業の持続的な発展につなげることができると聞いたが、実際どのように効果があるのか理解で...

  • ディーセントワークとは

    ディーセントワークとは権利が保護され、十分な収入を生み、適切な社会保護が供与された生産的仕事のことをいいます。日本におい...

  • 地方創生とは

    現在日本では、人口減少が大きな問題になっています。特に地方ではそうした傾向が顕著です。こうした事象に対応するため、「まち...

  • 自治体SDGsの導入事例

    各自治体でSDGsの活用が行われ始めています。様々な地域で環境活動への取り組みやSDGsを理解するための研修の実施など様...

  • 契約書の作成・リーガルチ...

    近年の日本社会においても企業活動における契約書の存在感は増加してきたといって良いでしょう。これは業務提携や株式譲渡におけ...

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場におけるハラスメントか問題になっています。これらの問題が発生し...

  • SDGsとESGの関係

    SDGsとは、国連サミットにおいて採択されたもので、「持続可能な開発目標」のことをいいます。世界中のすべての人に対して、...

  • 中小企業がSDGsに取り...

    「SDGsについて取り組みを行うのは大企業にとってメリットがあるからであって中小企業にとってはコストでしかないのではない...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ