【弁護士が解説】DXとSDGsの関係性とは? / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > 企業とSDGs > 【弁護士が解説】DXとSDGsの関係性とは?

【弁護士が解説】DXとSDGsの関係性とは?

現代社会において、DXSDGsは最も注目を集めるテーマの一つです。

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略であり、企業や組織がデジタル技術を活用して業務プロセスを改善することを指します。

一方、SDGsとは持続可能な開発目標の略であり、2030年までに世界をより持続可能な方向に導くために国際社会が掲げた目標です。

17の目標と、169のターゲットから構成されています。

 

このページでは、では、DXSDGsの関係性について解説します。

DXSDGsの関係性

はじめに、DXSDGsのそれぞれの定義について説明します。

 

DX」はデジタルトランスフォーメーションの略で、ビジネスや組織におけるデジタル技術の活用による変革を指します。

具体的には、ビッグデータやAIIoTなどの最新のテクノロジーを活用して、業務プロセスを改善することを目的としています。

 

一方、「SDGs」は、2015年に国連が掲げた持続可能な開発目標の略称であり、17の目標と169のターゲットから構成されています。

具体的には、貧困や飢餓、教育やジェンダー平等、クリーンエネルギーや気候変動など、世界的な課題を解決することを目的としています。

 

DXSDGsの関係性について考えるとき、まずはSDGsを達成するためには、ビジネスや組織が持続可能な発展を遂げることが重要です。

つまり、SDGsを達成するには、DXが欠かせません。

DXによって、業務プロセスを効率化することで、経済的な成長を促進し、社会的・環境的な側面にも配慮した持続可能なビジネスモデルを実現することができます。

 

例えば、ビッグデータの活用により、食品ロスの削減に貢献することができます。

また、AIを利用した省エネシステムの開発や、クリーンエネルギーの導入により、地球環境にも貢献することができます。

 

SDGsに掲げる目標に整合するよう、ビジネス環境におけるニーズは変化しており、多様化しています。

このような変化したビジネス環境に対応するようにDXを取り入れることは、ビジネス環境において企業が生き残る上で必要不可欠な要素となっています。

 

一方、DXを推進する企業や組織が、SDGsを意識しながらDXを進めることで、より持続可能な社会の実現に貢献することができます。

例えば、人材育成においては、SDGsの人材育成目標に合致するような研修プログラムをデジタル技術を用いて導入することができます。

また、社会的なニーズに対応する新しいビジネスモデルを開発することで、社会的な課題解決に貢献することもできます。

 

こうした取り組みは、企業や組織の社会的責任としての意義もあります。

世界的にCSR(企業の社会的責任)やESG投資(環境、社会、ガバナンスを重視した投資)が注目されるようになっており、持続可能なビジネスモデルを実現することは、企業や組織の信頼性向上や長期的なビジネスの成長につながることが期待されています。

株主総会の在り方も、従来の法令遵守に比重を置くものではなく(もちろん重要ではありますが、)現在は、株主満足度向上に向いており、株主としても関心の対象となるSDGsに対する取り組み、DXに関する取り組みを適切に行い、報告することで、企業のレピュテーションは増加します。

DXSDGs活動にお困りの方は、坂・畠山法律事務所までご相談ください

DXSDGsは、世界的に注目を集めるテーマです。

両者は切っても切れない関係にあり、持続可能な社会の実現に向けた取り組みとして、今後ますます重要性が高まることが予想されます。

企業や組織は、DXを進める上で、SDGsを意識した取り組みを行うことで、社会的責任を果たし、持続可能なビジネスモデルを実現していき、またその姿勢を示すことで企業の生き残りに貢献することが求められています。

 

坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を承ってまいりました。

豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルティング等に力を入れております。

SDGsへの取り組みについてお悩みの方はお気軽に坂・畠山法律事務所へご相談ください。

事務所が提供する基礎知識

  • SDGsとESGの関係

    SDGsとは、国連サミットにおいて採択されたもので、「持続可能な開発目標」のことをいいます。世界中のすべての人に対して、...

  • 事業承継・M&...

    〇事業承継問題の現状 事業承継とは会社を後継者へ引き継ぎ、企業を残していくことです。企業を残していくことは意義...

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確...

  • 地方創生とは

    現在日本では、人口減少が大きな問題になっています。特に地方ではそうした傾向が顕著です。こうした事象に対応するため、「まち...

  • 不動産業界や町づくりとS...

    SDGs(持続可能な開発目標)が国連サミットで採択されて以降、不動産業界でもSDGsへの取り組みが大きな関心を集めていま...

  • 企業においてできるサステ...

    近年、企業においてサスティナビリティ(持続可能性)に配慮した取り組みが求められるようになっています。サスティナブルな企業...

  • パートナーシップ制度の導...

    現行の日本における憲法や民法などの規定においては、婚姻は男女のみでなされることになっています(例えば、憲法24条1項参照...

  • 日本でのSDGsの取り組...

    「企業価値の向上のためにもSDGsの取り組みを実施するべきだと聞いたが、一体どういったことを実施すればよいのか分からない...

  • 2022年4月から中小企...

    2022年4月から中小企業もパワハラ防止法の適用対象となりました。このページでは、パワハラ防止法についてご説明します。&...

  • 企業がSDGsを取り入れ...

    「SDGsへの取り組みを推進することを呼びかける声があるが、企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。」「SDG...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ