SDGs 身近 に できること / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > SDGs 身近 に できること

SDGs 身近 に できること

  • SDGsへの取り組みについてお悩みの方は坂・畠山法律事務所へご相談ください

    「企業価値の向上を図るためSDGs取り組みたいと考えているが、どこから手を付けるべきか分からず困っている。「SDGs達成向けた取り組みを効果的行うためは、どういった社内整備を行う必要があるだろうか。SDGsの取り組みついて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 SDGsとは、2015年9...

  • 持続的に発展する企業の組織作り

    SDGs取り組んでいくことで、企業の持続的な発展つなげることができると聞いたが、実際どのよう効果があるのか理解できない。「SDGsの取り組みをすすめるなかで、組織体制の強化活用できることはあるだろうか。SDGsの取り組みついて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、SD...

  • 自治体SDGsの導入事例

    静岡市では、SDGsを市政包括的組み込むことで「世界輝く静岡」を実現しようと取り組んでいます。具体的は、職員の啓発活動や健康長寿の街づくり計画、静岡型水素タウンの実現向けた取り組みなどです。このようSDGsの17の目標から派生して個別の活動まで静岡市ではつなげています。 ・つくば市つくば市では「持続...

  • 地方自治体のSDGsの向き合い方と課題

    地方創生を推進していく中で、SDGsの考えを取り入れ目標を達成していく事が重要なりつつあります。その際、地方自治体がSDGsと向き合う中で念頭置いておかねばならない事柄があります。 まず、地方自治体の創生関して忘れてはならないのが長期的な目線で計画を推進する必要があるということです。各自治体はそれぞれの実情...

  • 地方創生にSDGsが必要な理由

    地方創生を行っていくは、人材の育成や人口減を食い止め持続可能な自治体とするため中長期的な計画が必要なります。SDGsの理念は、そのような地方創生の目的合っておりSDGsの活用を行うことでより良い創生の実現へつながると期待されています。そのため、政府自体もSDGsを活用した地方創生への取り組み力を入れていま...

  • 地方創生とは

    現在日本では、人口減少が大きな問題なっています。特地方ではそうした傾向が顕著です。こうした事象対応するため、「まち・ひと・しごと創生」施策を打ち出し各地域が強みを生かした自立的かつ持続的な社会を創生できるよう取り組むものが地方創生です。地方創生は、第二次安倍政権よって打ち出され3本の矢よる支援を中心とし...

  • 中小企業がSDGsに取り組むメリット

    SDGsついて取り組みを行うのは大企業とってメリットがあるからであって中小企業とってはコストでしかないのではないだろうか。「中小企業がSDGsの達成だけを目的取り組みを行うのは難しいが、通常業務の中組み入れることはできないだろうか。SDGsの取り組みついて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっし...

  • 不動産業界や町づくりとSDGs

    SDGsは、大きく分けて17の取り組みがあり不動産業や街づくりを行っていく企業もこれらの中から深くかかわることのできるものが存在しています。 例えば目標1.「貧困をなくそう」目標3.「すべての人健康と福祉を」目標11.「住み続けられる街づくりを」といったものなどが顕著です。世界人口のうち都市居住する方々の割...

  • 事業承継・M&A

    それは経営者の方とってはもちろん、社会とっても大変重要なことなのです。 その重要性を考えるためも事業承継問題の現状を簡単見ていきます。 現在、事業承継ができないことよって多くの企業が廃業追い込まれています。この廃業のダメージは非常大きく、中小企業庁は「2025年まで約127万社が廃業、約22兆円の...

  • SDGsから考える企業法務

    SDGs対する取り組みは広報的な側面が強調されがちだが、企業法務ついても影響があるものなのだろうか。「企業として必ずしもSDGs取り組む必要性はないのではないかとも思うが、なぜ取り組む必要があるのだろうか。SDGsの取り組みついて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、S...

  • 企業がSDGsを取り入れるメリット

    SDGsへの取り組みを推進することを呼びかける声があるが、企業とってはコストでしかないのではないだろうか。「SDGsの取り組みをすすめることより具体的どういったメリットがあるのかが分からず、二の足を踏んでいる。SDGsの取り組みついて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは...

  • 日本でのSDGsの取り組み事例

    「企業価値の向上のためSDGsの取り組みを実施するべきだと聞いたが、一体どういったことを実施すればよいのか分からない。「SDGsの取り組みついて検討しているが、参考となるような日本での事例はどういったものがあるだろうか。SDGsの取り組みついて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このペ...

  • ESGとSDGsの関係

    「ESGやSDGsという言葉をよく耳するようなったが、どういった意味を持っているのかよく分からない。「ESGあるいはSDGsついての施策を実施するべきだと言われることがあるが、両者どういった違いがあるのだろうか。ESGやSDGsというキーワードついて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。...

  • ディーセントワークとは

    日本おいては(1)働く機会があり、持続可能な生計足る収入が得られること(2)労働三権などの働く上での権利が確保され、職場で発言が行いやすく、それが認められること(3)家庭生活と職業生活が両立でき、安全な職場環境や雇用保険、医療・年金制度などのセーフティネットが確保され、自己の鍛錬もできること(4)公正な扱い、...

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場おけるハラスメントか問題なっています。これらの問題が発生した場合は会社は被害者から使用者責任を追及されたり債務不履行責任を追及されたりする恐れがあります。これらの問題が発生した後弁護士ご依頼いただくことももちろん可能ですが、ハラスメント対策は問...

  • 企業間紛争・訴訟

    企業間の紛争、訴訟おいては個人間の紛争や訴訟と比べても取り扱う金額が大きく、契約関係も複雑となるため、より慎重な対応が求められます。さらは相手方の企業が資金繰り苦しんでおり資力がない場合は債権回収ができない場合もありますのでその点関しても注意する必要があります。 企業間の紛争予防際しては契約が非常重...

事務所が提供する基礎知識

  • 顧問弁護士の役割や相場費...

    一般的に、顧問弁護士とは企業内外で起こる法律問題・トラブルについてアドバイス・提案・解決などをする形で継続的にサポートす...

  • M&Aのメリット

    後継者がいないなど、事業承継問題に直面した際には、M&Aという手段があります。合併や株式譲渡、事業譲渡などの方法を用いて...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました...

  • 働き方改革において企業が...

    近年の働き方改革関連法の動向を受けて、対応を余儀なくされている企業も少なくないでしょう。また、具体的にどのような対応をと...

  • 地方創生にSDGsが必要...

    地方創生を行っていくには、人材の育成や人口減を食い止め持続可能な自治体とするため中長期的な計画が必要になります。SDGs...

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確...

  • ディーセントワークとは

    ディーセントワークとは権利が保護され、十分な収入を生み、適切な社会保護が供与された生産的仕事のことをいいます。日本におい...

  • 持続的に発展する企業の組...

    「SDGsに取り組んでいくことで、企業の持続的な発展につなげることができると聞いたが、実際どのように効果があるのか理解で...

  • 企業がSDGsを取り入れ...

    「SDGsへの取り組みを推進することを呼びかける声があるが、企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。」「SDG...

  • 日本でのSDGsの取り組...

    「企業価値の向上のためにもSDGsの取り組みを実施するべきだと聞いたが、一体どういったことを実施すればよいのか分からない...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ