M&A メリット / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > M&A メリット

M&A メリット

  • M&Aのメリット

    買収と聞くとマイナスのイメージを持つ方もいらっしゃいますが、M&Aには次のようなメリットがあります。 まず、売り手側のメリットとして、後継者問題を解決し、従業員の雇用を維持することができます。後継者がおらず、現経営者が退陣する際に会社を閉めなければならないとすると、従業員の働き先がなくなってしまいます。そこで、買...

  • 中小企業がSDGsに取り組むメリット

    「SDGsについて取り組みを行うのは大企業にとってメリットがあるからであって中小企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。「中小企業がSDGsの達成だけを目的に取り組みを行うのは難しいが、通常業務の中に組み入れることはできないだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっし...

  • 事業承継・M&A

    そこで、後継者がいなくても企業を残す方法としてM&Aが注目を集めています。M&Aを仲介するサービスも非常に盛んです。 〇事業承継とSDGs この事業承継の問題はSDGsとも関係します。SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で「持続可能な開発目標」という意味です。SDGsには1...

  • 企業がSDGsを取り入れるメリット

    「SDGsの取り組みをすすめることにより具体的にどういったメリットがあるのかが分からず、二の足を踏んでいる。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、SDGsにまつわる数多くのテーマのなかから、企業がSDGsを取り入れるメリットについてスポットライトをあてて...

  • 契約書の作成・リーガルチェック

    リーガルチェックのメリットはいくつかあります。第1に、契約内容が明確になることです。契約書において曖昧な部分は多様な解釈が可能となり、当事者間でその意味合いの認識にずれが生じる可能性が大きいです。むしろ、当事者は自身にとって有利な契約を志向するため、そのような認識のずれは自然です。リーガルチェックにより曖昧な部分...

  • パートナーシップ制度の導入

    もちろん、パートナーシップ制度は男女間でなされる法律婚に比べるとその恩は小さいですが、メリットもあります。パ=トナーシップ制度が自治体ごとに定められ、それぞれの内容が異なっているために一概に言うことは難しいですが、最大公約数的なパートナーシップ制度のメリットは、例えば家族として公営住宅に入居させることができたり、...

事務所が提供する基礎知識

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました...

  • 【弁護士が解説】DXとS...

    現代社会において、DXとSDGsは最も注目を集めるテーマの一つです。DXとはデジタルトランスフォーメーションの略であり、...

  • 企業においてできるサステ...

    近年、企業においてサスティナビリティ(持続可能性)に配慮した取り組みが求められるようになっています。サスティナブルな企業...

  • コンプライアンスとは

    そもそもコンプライアンスとは、法令遵守を意味しています。もっとも、企業においては、法令だけを守ればいいのではなく、倫理や...

  • SDGsから考える企業法...

    「SDGsに対する取り組みは広報的な側面が強調されがちだが、企業法務についても影響があるものなのだろうか。」「企業として...

  • 顧問弁護士の役割や相場費...

    一般的に、顧問弁護士とは企業内外で起こる法律問題・トラブルについてアドバイス・提案・解決などをする形で継続的にサポートす...

  • パートナーシップ制度の導...

    現行の日本における憲法や民法などの規定においては、婚姻は男女のみでなされることになっています(例えば、憲法24条1項参照...

  • 【弁護士が解説】商標権侵...

    消費者が商品やサービスの購入を検討する際には、その商品・サービスをほかのものと区別して、いずれを購入するか判断することに...

  • 地方創生にSDGsが必要...

    地方創生を行っていくには、人材の育成や人口減を食い止め持続可能な自治体とするため中長期的な計画が必要になります。SDGs...

  • 契約書の作成・リーガルチ...

    近年の日本社会においても企業活動における契約書の存在感は増加してきたといって良いでしょう。これは業務提携や株式譲渡におけ...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ