職場 ハラスメント / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > 職場 ハラスメント

職場 ハラスメント

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場におけるハラスメントか問題になっています。これらの問題が発生した場合には会社は被害者から使用者責任を追及されたり債務不履行責任を追及されたりする恐れがあります。これらの問題が発生した後に弁護士にご依頼いただくことももちろん可能ですが、ハラスメント対策には問...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました。また、2019年に厚生労働省が「職場におけるハラスメント関係指針」というガイドラインを作成し、2021年6月1日より職場のパワーハラスメント対策の義務化が決定されました。モラハラに類似したパワ...

  • 2022年4月から中小企業にも義務化されたパワハラ防止法について解説

    ◆パワーハラスメントとはパワハラ防止法は、文字通りパワハラの防止を目的とする法律です。では、そもそも「パワハラ」とは何でしょうか。パワハラとは、職場において行われる①優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③労働者の就業環境が害されるものをいいます。パワハラにあたるかど...

  • 職場で起こりやすいハラスメントとは?予防策も併せて解説

    ハラスメントとは、相手方に不快感や不利益を与えて、尊厳を傷つける行為のことをいいます。ハラスメントにもその内容によってさまざまなものがあり、特に、さまざまな年代、役職の方が男女ともに働く職場では、ハラスメントが起きやすい状況といえます。 職場で起こりやすいハラスメントの例としては、パワハラ、セクハラ、マタハラ、ジ...

  • 企業がSDGsを取り入れるメリット

    女性が出産や育児などのライフイベントを経た後でも職場復帰しやすい環境を整えることは、女性が男性同様に継続的に働きやすい職場にすることです。「ジェンダーの平等」を目指す取り組みが行われている企業は、就職活動を行う女性にとっても、従業員にとっても魅力的であり、企業の人財の拡充につながります。 こうした一つ一つのSDG...

  • 持続的に発展する企業の組織作り

    働き手にとって働きやすい魅力的な職場であり、かつ働き続けることができる職場組織は持続的な発展の強固な基礎となるでしょう。 坂・畠山法律事務所はメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を承ってまい...

  • ディーセントワークとは

    (2)労働三権などの働く上での権利が確保され、職場で発言が行いやすく、それが認められること(3)家庭生活と職業生活が両立でき、安全な職場環境や雇用保険、医療・年金制度などのセーフティネットが確保され、自己の鍛錬もできること(4)公正な扱い、男女平等な扱いを受けることの4つがディーセントワークと企業経営に関する調査...

  • コンプライアンスとは

    企業倫理の問題としては、情報漏洩、データの改ざん、パワハラ・セクハラなどのハラスメント、ジェンダー差別などです。これらの問題が明るみになると、消費者である国民や取引先企業からの信頼を失ってしまいます。法的知識がなく、企業の内部統制システムがしっかり構築されていないと、コンプライアンス違反が生じてしまうことがありま...

事務所が提供する基礎知識

  • SDGsから考える企業法...

    「SDGsに対する取り組みは広報的な側面が強調されがちだが、企業法務についても影響があるものなのだろうか。」「企業として...

  • M&Aのメリット

    後継者がいないなど、事業承継問題に直面した際には、M&Aという手段があります。合併や株式譲渡、事業譲渡などの方法を用いて...

  • 不動産業界や町づくりとS...

    SDGs(持続可能な開発目標)が国連サミットで採択されて以降、不動産業界でもSDGsへの取り組みが大きな関心を集めていま...

  • 職場で起こりやすいハラス...

    ハラスメントとは、相手方に不快感や不利益を与えて、尊厳を傷つける行為のことをいいます。ハラスメントにもその内容によってさ...

  • 【弁護士が解説】電子契約...

    現在のリーガルテック市場で最も活用されているのが、「電子契約」です。このページでは、現在のリモートワークが浸透する日本で...

  • 2022年4月から中小企...

    2022年4月から中小企業もパワハラ防止法の適用対象となりました。このページでは、パワハラ防止法についてご説明します。&...

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場におけるハラスメントか問題になっています。これらの問題が発生し...

  • コンプライアンスとは

    そもそもコンプライアンスとは、法令遵守を意味しています。もっとも、企業においては、法令だけを守ればいいのではなく、倫理や...

  • 就業規則作成や見直しを弁...

    使用者と労働者は労働契約を締結しているところ、双方は労働時間や賃金、その他就労に関する条件が労働条件の内容として定めるこ...

  • SDGsとESGの関係

    SDGsとは、国連サミットにおいて採択されたもので、「持続可能な開発目標」のことをいいます。世界中のすべての人に対して、...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ