労働 契約書 / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > 労働 契約書

労働 契約書

  • ディーセントワークとは

    (2)労働三権などの働く上での権利が確保され、職場で発言が行いやすく、それが認められること(3)家庭生活と職業生活が両立でき、安全な職場環境や雇用保険、医療・年金制度などのセーフティネットが確保され、自己の鍛錬もできること(4)公正な扱い、男女平等な扱いを受けることの4つがディーセントワークと企業経営に関する調査...

  • 契約書の作成・リーガルチェック

    近年の日本社会においても企業活動における契約書の存在感は増加してきたといって良いでしょう。これは業務提携や株式譲渡における契約書などの他企業との取り引きにおける契約書の存在のみならず、労働契約における契約内容の取り決めなど、社内における契約書の作成もその存在感を高めています。 ところで、当事者が契約書の内容を守ら...

  • SDGsへの取り組みについてお悩みの方は坂・畠山法律事務所へご相談ください

    これまで契約書チェックや労務相談、債権回収等の企業法務にまつわる数多くのご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。こうした豊富な経験を活かし、坂・畠山法律事務所はSDGsに関して、自治体や企業向けにセミナー・コンサルティング等を行っております。セミナーでは、カードゲームを使用することでSDGsへの理解...

  • 中小企業がSDGsに取り組むメリット

    坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルテ...

  • SDGsから考える企業法務

    坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルテ...

  • 企業がSDGsを取り入れるメリット

    坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルテ...

  • 持続的に発展する企業の組織作り

    坂・畠山法律事務所はメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を承ってまいりました。また、豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルティング等に力を入れてお...

  • 日本でのSDGsの取り組み事例

    坂・畠山法律事務所はメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を承ってまいりました。豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルティング等に力を入れております...

  • ESGとSDGsの関係

    坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。豊富な経験と知識を活かし、坂・畠山法律事務所ではSDGsに関するセミナーやコンサルテ...

  • ハラスメント対策

    坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めており、契約書のリーガルチェックや労務相談、債権回収等といった企業法務にまつわる案件をはじめとして、数々のご相談を大阪府を中心に全国対応にて承ってまいりました。ハラスメント対策についてお悩みの方はお気軽に坂・畠山法律事務所へご相談ください。

  • 企業間紛争・訴訟

    すなわち企業間の取引においては契約書を作成し契約をすることとなりますが、免責に関する条項が抜けていたような場合など契約に穴があったような場合には紛争を解決が困難となってしまう場合もありますから、契約の段階からしっかりとリーガルチェックを行い、穴のない契約書を作成することが重要です。また、契約書が訴訟の際にも重要な...

  • 顧問弁護士の役割や相場費用

    近年では日本の会社でも契約書をしっかりと作成して取引をするところがほとんどです。そこで、契約書の作成が1つの企業の仕事となります。ところで、契約書の作成に必要なものとして、その契約が法令に遵守しているかであったり、その契約内容では自社が不利になっていないかなどをしっかりと確認する作業が必要になってきます。これをリ...

  • 就業規則の作成・変更

    常時10人以上の従業員がいる企業では、就業規則を作成し、労働基準監督署長に届け出る義務があります。これは、労働条件を明確にし、適正な労務管理と紛争を防止するためであります。基準を明確にすることにより透明性を確保し、健全な企業発展をするという意味でも重要な手続きになります。 就業規則を作成・変更をするには、 ①当該...

  • 職場内のモラハラ対策

    また、2019年に厚生労働省が「職場におけるハラスメント関係指針」というガイドラインを作成し、2021年6月1日より職場のパワーハラスメント対策の義務化が決定されました。モラハラに類似したパワハラの対策が義務化される中で、企業も職場内における様々なハラスメントにどのように対処すれば良いかを考える必要が出てきていま...

事務所が提供する基礎知識

  • 働き方改革において企業が...

    近年の働き方改革関連法の動向を受けて、対応を余儀なくされている企業も少なくないでしょう。また、具体的にどのような対応をと...

  • パートナーシップ制度の導...

    現行の日本における憲法や民法などの規定においては、婚姻は男女のみでなされることになっています(例えば、憲法24条1項参照...

  • M&Aのメリット

    後継者がいないなど、事業承継問題に直面した際には、M&Aという手段があります。合併や株式譲渡、事業譲渡などの方法を用いて...

  • 自治体SDGsの導入事例

    各自治体でSDGsの活用が行われ始めています。様々な地域で環境活動への取り組みやSDGsを理解するための研修の実施など様...

  • 日本でのSDGsの取り組...

    「企業価値の向上のためにもSDGsの取り組みを実施するべきだと聞いたが、一体どういったことを実施すればよいのか分からない...

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場におけるハラスメントか問題になっています。これらの問題が発生し...

  • 不動産業界や町づくりとS...

    SDGs(持続可能な開発目標)が国連サミットで採択されて以降、不動産業界でもSDGsへの取り組みが大きな関心を集めていま...

  • ESGとSDGsの関係

    「ESGやSDGsという言葉をよく耳にするようになったが、どういった意味を持っているのかよく分からない。」「ESGあるい...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました...

  • 契約書の作成・リーガルチ...

    近年の日本社会においても企業活動における契約書の存在感は増加してきたといって良いでしょう。これは業務提携や株式譲渡におけ...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ