働き方改革 女性 / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > 働き方改革 女性

働き方改革 女性

  • 働き方改革において企業がするべき対応や対策とは?

    近年の働き方改革関連法の動向を受けて、対応を余儀なくされている企業も少なくないでしょう。また、具体的にどのような対応をとるべきか分からない企業もあるかと思います。このページでは、働き方改革とは何か、その内容と、企業がするべき対応・対策について、ご説明します。 ◆働き方改革とは日本は少子高齢化が深刻であり、労働力不...

  • 中小企業がSDGsに取り組むメリット

    たとえば、SDGsには「働きがいも経済成長も」という目標がありますが、これは現在日本で進められている働き方改革にも通じるものであり、政府の補助金などを活用しながら、ライフワークバランスを踏まえた企業活動を進めることがSDGsへの取り組みになります。 SDGsに取り組むことで、企業価値の向上を図ることができ、人材の...

  • 企業がSDGsを取り入れるメリット

    女性が出産や育児などのライフイベントを経た後でも職場復帰しやすい環境を整えることは、女性が男性同様に継続的に働きやすい職場にすることです。「ジェンダーの平等」を目指す取り組みが行われている企業は、就職活動を行う女性にとっても、従業員にとっても魅力的であり、企業の人財の拡充につながります。 こうした一つ一つのSDG...

  • 持続的に発展する企業の組織作り

    この目標は、近年日本政府が推進している「働き方改革」と通じるものです。少子高齢化が著しい日本では、幅広い人材に活躍の場を提供することが、企業のリクルーティングにおいて重要になっています。働き手にとって働きやすい魅力的な職場であり、かつ働き続けることができる職場組織は持続的な発展の強固な基礎となるでしょう。 坂・畠...

  • ホワイト企業の特徴

    女性の活躍が推進されている・働きやすい環境が整っている 保険制度や手当が充実しているなど、福利厚生に手厚い企業は、ホワイト企業と言われることが多いでしょう。また、女性の妊娠・出産、子どもの育児などに対して積極的にサポートを行っている企業もこれにあたります。また、社員に与えられた権利である有給休暇について、なかな...

  • 【弁護士が解説】電子契約導入のメリットや注意点

    その背景には、新型コロナウイルスの蔓延によるリモートワークの導入などの働き方が多様化や人材不足・ペーパーレス化・働き方改革による業務の効率化の要請があります。 ◇電子契約とは電子契約とは、従来書面で行われていた契約書の作成と契約をインターネット上で行うことをいいます。書類を電子データで保存することや、電子署名に従...

事務所が提供する基礎知識

  • 企業間紛争・訴訟

    企業間の紛争、訴訟においては個人間の紛争や訴訟と比べても取り扱う金額が大きく、契約関係も複雑となるため、より慎重な対応が...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました...

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場におけるハラスメントか問題になっています。これらの問題が発生し...

  • SDGsから考える企業法...

    「SDGsに対する取り組みは広報的な側面が強調されがちだが、企業法務についても影響があるものなのだろうか。」「企業として...

  • 2022年4月から中小企...

    2022年4月から中小企業もパワハラ防止法の適用対象となりました。このページでは、パワハラ防止法についてご説明します。&...

  • SDGsへの取り組みにつ...

    「企業価値の向上を図るためSDGsに取り組みたいと考えているが、どこから手を付けるべきか分からず困っている。」「SDGs...

  • M&Aのメリット

    後継者がいないなど、事業承継問題に直面した際には、M&Aという手段があります。合併や株式譲渡、事業譲渡などの方法を用いて...

  • 事業承継・M&...

    〇事業承継問題の現状 事業承継とは会社を後継者へ引き継ぎ、企業を残していくことです。企業を残していくことは意義...

  • 地方自治体のSDGsの向...

    地方創生を推進していく中で、SDGsの考えを取り入れ目標を達成していく事が重要になりつつあります。その際、地方自治体がS...

  • SDGsとESGの関係

    SDGsとは、国連サミットにおいて採択されたもので、「持続可能な開発目標」のことをいいます。世界中のすべての人に対して、...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ