パワハラ 中小企業 / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > パワハラ 中小企業

パワハラ 中小企業

  • 2022年4月から中小企業にも義務化されたパワハラ防止法について解説

    2022年4月から中小企業パワハラ防止法の適用対象となりました。このページでは、パワハラ防止法についてご説明します。 ◆パワーハラスメントとはパワハラ防止法は、文字通りパワハラの防止を目的とする法律です。では、そもそも「パワハラ」とは何でしょうか。パワハラとは、職場において行われる①優越的な関係を背景とした言動...

  • 中小企業がSDGsに取り組むメリット

    「SDGsについて取り組みを行うのは大企業にとってメリットがあるからであって中小企業にとってはコストでしかないのではないだろうか。「中小企業がSDGsの達成だけを目的に取り組みを行うのは難しいが、通常業務の中に組み入れることはできないだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっし...

  • 事業承継・M&A

    この廃業のダメージは非常に大きく、中小企業庁は「2025年までに約127万社が廃業、約22兆円の経済損失」とし、国をあげて事業承継が円滑に行えるような施策に取り組んでいます。 これまでの日本では、親族が継ぐ親族承継が主な事業承継でした。しかし、少子高齢化の影響も大きく人材不足によって事業承継難に陥っている企業も多...

  • ディーセントワークとは

    弁護士にご相談いただけましたら労働に関する紛争やパワハラ、セクハラ等の問題が発生した際の対処はもちろんのこと、それらの問題の発生の予防に関しても適切なアドバイスを行いディーセントワークの実現に向けた環境の整備をお手伝いすることが可能です。 坂・畠山法律事務所ではメーカーを中心として20社以上の法人の顧問を務めてお...

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場におけるハラスメントか問題になっています。これらの問題が発生した場合には会社は被害者から使用者責任を追及されたり債務不履行責任を追及されたりする恐れがあります。これらの問題が発生した後に弁護士にご依頼いただくことももちろん可能ですが、ハラスメント対策には問...

  • 顧問弁護士の役割や相場費用

    モラハラ・パワハラ・セクハラ…の撲滅が叫ばれて久しいですが、これをどのように対処すればいいのかについては不明瞭な部分が多いです。そこで、顧問弁護士による企業内の問題の法的解決を提案することでより良い企業運営を促進することができます。 他にも、株主総会やマネジメントといった様々な領域で顧問弁護士はその役割を発揮しま...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました。また、2019年に厚生労働省が「職場におけるハラスメント関係指針」というガイドラインを作成し、2021年6月1日より職場のパワーハラスメント対策の義務化が決定されました。モラハラに類似したパワ...

  • コンプライアンスとは

    企業倫理の問題としては、情報漏洩、データの改ざん、パワハラ・セクハラなどのハラスメント、ジェンダー差別などです。これらの問題が明るみになると、消費者である国民や取引先企業からの信頼を失ってしまいます。法的知識がなく、企業の内部統制システムがしっかり構築されていないと、コンプライアンス違反が生じてしまうことがありま...

事務所が提供する基礎知識

  • 事業承継・M&...

    〇事業承継問題の現状 事業承継とは会社を後継者へ引き継ぎ、企業を残していくことです。企業を残していくことは意義...

  • 地方創生とは

    現在日本では、人口減少が大きな問題になっています。特に地方ではそうした傾向が顕著です。こうした事象に対応するため、「まち...

  • ハラスメント対策

    近年、パワハラやセクハラ、マタハラといった様々な形態の職場におけるハラスメントか問題になっています。これらの問題が発生し...

  • 【弁護士が解説】電子契約...

    現在のリーガルテック市場で最も活用されているのが、「電子契約」です。このページでは、現在のリモートワークが浸透する日本で...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました...

  • 日本でのSDGsの取り組...

    「企業価値の向上のためにもSDGsの取り組みを実施するべきだと聞いたが、一体どういったことを実施すればよいのか分からない...

  • コンプライアンスとは

    そもそもコンプライアンスとは、法令遵守を意味しています。もっとも、企業においては、法令だけを守ればいいのではなく、倫理や...

  • SDGsへの取り組みにつ...

    「企業価値の向上を図るためSDGsに取り組みたいと考えているが、どこから手を付けるべきか分からず困っている。」「SDGs...

  • M&Aのメリット

    後継者がいないなど、事業承継問題に直面した際には、M&Aという手段があります。合併や株式譲渡、事業譲渡などの方法を用いて...

  • 企業間紛争・訴訟

    企業間の紛争、訴訟においては個人間の紛争や訴訟と比べても取り扱う金額が大きく、契約関係も複雑となるため、より慎重な対応が...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ