ジェンダー平等 なぜ 必要 / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > SDGsに関するキーワード > ジェンダー平等 なぜ 必要

ジェンダー平等 なぜ 必要

  • ジェンダー平等はなぜ必要?目的やメリットなど詳しく解説

    近年、ジェンダー平等に関する議論が世界的に盛り上がっています。ジェンダー平等とは、男女や性的マイノリティの人々が、自己実現や社会参加、政治参加などの機会や資源を、差別や偏見などの障壁なしに平等に享受できる状態を指します。もっとも、その必要性や目的について正しく検討できていないこともあります。 このページでは、ジェ...

  • SDGsから考える企業法務

    「企業として必ずしもSDGsに取り組む必要性はないのではないかとも思うが、なぜ取り組む必要があるのだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、SDGsにまつわる数多くのテーマのなかから、SDGsから考える企業法務についてスポットライトをあてて、くわし...

  • 【弁護士が解説】DXとSDGsの関係性とは?

    具体的には、貧困や飢餓、教育やジェンダー平等、クリーンエネルギーや気候変動など、世界的な課題を解決することを目的としています。 DXとSDGsの関係性について考えるとき、まずはSDGsを達成するためには、ビジネスや組織が持続可能な発展を遂げることが重要です。つまり、SDGsを達成するには、DXが欠かせません。DX...

  • 地方自治体のSDGsの向き合い方と課題

    まず、地方自治体の創生に関して忘れてはならないのが長期的な目線で計画を推進する必要があるということです。各自治体はそれぞれの実情に即した計画を遂行するため、SDGsを参考にしつつもあくまで自治体それぞれの事情に合わせていく事が求められます。加えて、自治体だけでなく政府や民間企業、地域住民の方々といった多様なかかわ...

  • 地方創生にSDGsが必要な理由

    地方創生を行っていくには、人材の育成や人口減を食い止め持続可能な自治体とするため中長期的な計画が必要になります。SDGsの理念は、そのような地方創生の目的に合っておりSDGsの活用を行うことでより良い創生の実現へつながると期待されています。そのため、政府自体もSDGsを活用した地方創生への取り組みに力を入れていま...

  • 地方創生とは

    人の流れや人口動態といった必要になりうるデータをわかりやすく可視化することによって、各自治体が必要な情報を迅速かつ容易に手に入れることが可能になっています。 ・人材支援の矢小規模自治体への国家公務員の派遣や専門人材などの育成が行われています。 ・財政支援の矢地方創生推進交付金や地方創生拠点整備交付金といった取り組...

  • SDGsへの取り組みについてお悩みの方は坂・畠山法律事務所へご相談ください

    「SDGs達成に向けた取り組みを効果的に行うためには、どういった社内整備を行う必要があるだろうか。SDGsの取り組みについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 SDGsとは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された、17の目標群と、その下にある169のターゲットのことをさします。SDGs...

  • 不動産業界や町づくりとSDGs

    都市の整備だけでなく環境に配慮した不動産の開発などによって未来に良好な地球環境を残していく必要があります。具体的には、太陽光事業や環境に配慮した開発計画などがあります。 このように様々な観点からSDGsの理念の達成に向け活動していく事が不動産業界でも取り組まれつつあるのです。 坂・畠山法律事務所では、大阪府を中心...

  • 企業間紛争・訴訟

    さらには相手方の企業が資金繰りに苦しんでおり資力がない場合には債権回収ができない場合もありますのでその点に関しても注意する必要があります。 企業間の紛争予防に際しては契約が非常に重要となってきます。すなわち企業間の取引においては契約書を作成し契約をすることとなりますが、免責に関する条項が抜けていたような場合など契...

  • 顧問弁護士の役割や相場費用

    ところで、契約書の作成に必要なものとして、その契約が法令に遵守しているかであったり、その契約内容では自社が不利になっていないかなどをしっかりと確認する作業が必要になってきます。これをリーガル・チェックといいますが、このリーガル・チェックを実施ないしは指導することも顧問弁護士の役割です。 さらには企業内のトラブルを...

  • 契約書の作成・リーガルチェック

    そこで、当事者が契約書を守らなかった場合の対処法をあらかじめ決めておく、法規に触れないようにチェックするなどの必要があります。このように、作成した契約内容が法律に照らして妥当であるかや、法的紛争に発展していく可能性はないか、などを法律専門職によってチェックしてもらうことをリーガルチェックといいます。作成する契約書...

  • 就業規則の作成・変更

    就業規則に必ず記載する必要がある事項は、 ①始業及び就業の時刻・休憩時間・休日・休暇並びに交代制の場合には就業時転換に関する事項②賃金の決定、計算・支払いの方法、賃金の締め切り・支払いの時期並びに昇給に関する事項③退職に関する事項 の3つになります。 また、必要に応じて ①退職手当に関する事項②手当・賞与・最低賃...

  • 職場内のモラハラ対策

    モラハラに類似したパワハラの対策が義務化される中で、企業も職場内における様々なハラスメントにどのように対処すれば良いかを考える必要が出てきています。 一般的なモラハラ(モラル・ハラスメント)の定義は「精神的な人格攻撃」などといわれます。もっとも、モラハラという言葉で指す事象は人により異なりますし、またモラハラがセ...

  • パートナーシップ制度の導入

    また、SDGsの17の目標の中に「ジェンダー平等を実現しよう」という目標があります。これは、男女という性別間での平等の達成も目標の1つですが、身体的な性別にとらわれないが故に差別的な扱いを受けやすいLGBTにも平等を実現するという積極的な側面もあります。SDGsの目標を達成するためにもパートナーシップ制度を導入す...

  • コンプライアンスとは

    そこで、社内規則やマニュアルの作成、社内研修の徹底化が必要不可欠になります。これらを行うためには、法的知識を有した弁護士のアドバイスが有効です。弁護士が社員に対してコンプライアンス研修やセミナーを行うこともできます。コンプライアンス違反によるトラブルを未然に防止するために、弁護士に相談してみることをおすすめします...

  • 【弁護士が解説】電子契約導入のメリットや注意点

    また、書面では必要とされる、取引先に届けるまでのタイムラグや、印刷、ホチキス止め、封筒に封入、などの手続が不要となり、時間がかかりません。受け取りや、押印、レビューのために出社する必要もなく、手間もかかりません。インターネット上で完結するため、作業の負担が減り、スピードが向上します。 ・経費の削減上述のように、印...

  • 働き方改革において企業がするべき対応や対策とは?

    ワークライフバランスの維持が、労働力の維持に必要です。人材採用を促し、定着率を高めるために必須の柱といえます。 2.働き方のニーズが多様化するなかで、正規・非正規で格差が生じることは、非正規労働者が働くうえで障害となります。「非正規」という枠自体を撤廃し、自分に合った働き方を認めることが必要といえます。 3.働き...

  • 2022年4月から中小企業にも義務化されたパワハラ防止法について解説

    パワハラとは、職場において行われる①優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③労働者の就業環境が害されるものをいいます。パワハラにあたるかどうかは、言動の目的・経緯・態様・頻度・継続性、業務内容、労働者の属性・精神状態・受ける苦痛の程度、両者の関係等の事情を考慮して判断...

  • SDGsとESGの関係

    貧困を無くす、飢餓を無くす、すべての人に健康と福祉を、質の高い教育、ジェンダー平等など、全部で17個の目標が掲げられています。社会的側面・環境的側面、経済的側面に照らして、統合的に取り組みます。 一方でESGとは、環境、社会、ガバナンスのことをいいます。これらは、企業を中長期的に成長させていくために欠かせない要素...

  • 企業においてできるサスティナブルな取り組みとは?

    企業がサスティナビリティに取り組むためには、経営者がその意思決定に責任を持つことが必要不可欠です。そのため、企業経営のガバナンスを改善することが大切です。ガバナンスの改善には、取締役会の機能の強化、社外取締役の導入、報告制度の整備などが挙げられます。細述は避けますが、東証がコーポレートガバナンスコードを策定したこ...

事務所が提供する基礎知識

  • ホワイト企業の特徴

    ホワイト企業とは、ブラック企業との対義語として生まれた言葉であり、働きやすいイメージを持つ方が多いでしょう。ホワイト企業...

  • 【弁護士が解説】電子契約...

    現在のリーガルテック市場で最も活用されているのが、「電子契約」です。このページでは、現在のリモートワークが浸透する日本で...

  • ディーセントワークとは

    ディーセントワークとは権利が保護され、十分な収入を生み、適切な社会保護が供与された生産的仕事のことをいいます。日本におい...

  • 【弁護士が解説】商標権侵...

    消費者が商品やサービスの購入を検討する際には、その商品・サービスをほかのものと区別して、いずれを購入するか判断することに...

  • 【弁護士が解説】DXとS...

    現代社会において、DXとSDGsは最も注目を集めるテーマの一つです。DXとはデジタルトランスフォーメーションの略であり、...

  • 職場で起こりやすいハラス...

    ハラスメントとは、相手方に不快感や不利益を与えて、尊厳を傷つける行為のことをいいます。ハラスメントにもその内容によってさ...

  • パートナーシップ制度の導...

    現行の日本における憲法や民法などの規定においては、婚姻は男女のみでなされることになっています(例えば、憲法24条1項参照...

  • 職場内のモラハラ対策

    近年ではコンプライアンスの重視に伴い、セクハラやパワハラと同様に職場内におけるモラハラも問題視されるようになってきました...

  • M&Aのメリット

    後継者がいないなど、事業承継問題に直面した際には、M&Aという手段があります。合併や株式譲渡、事業譲渡などの方法を用いて...

  • ESGとSDGsの関係

    「ESGやSDGsという言葉をよく耳にするようになったが、どういった意味を持っているのかよく分からない。」「ESGあるい...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ