自治体とSDGs / 坂・畠山法律事務所

坂・畠山法律事務所 > 自治体とSDGs

自治体とSDGsに関する基礎知識や事例

最近では地方創生が掲げられ、地方自治体に活力を取り戻すような活動が推進されています。こうした活動にSDGsは大変強くマッチしているため、それぞれの自治体の事情に合わせて有効活用していく事で大きな力を発揮します。目標達成のための世界的な指標だけに留まらず、地方の活性化に向けた指標なども存在しこれらの存在が活動に大きく寄与します。

こうした中で既に実際にSDGsの考えを取り入れた活動を始めている自治体も存在しています。鯖江市や横浜市、つくば市、静岡市、北九州市などの自治体では具体的取り組みや普及活動を行いSDGsのを取り込んだ自治体作りが行われ始めています。

SDGsの理念は「誰一人として取り残さない」というものが掲げられています。そのため自治体で行う場合には、市民、企業、行政等が一丸となって執り行っていく必要があります。そのためにもカードゲームなどを通した普及活動から始め、すべての人が当事者となっていく必要があります。このような普及の中から人々がSDGsを理解し、地域ごとの課題を把握することで地域の実情に即した計画が見つかってくるようになるのです。

坂・畠山法律事務所では、大阪府を中心に全国の皆様から企業法務、SDGs推進といった事柄に関するご相談を承っております。SDGsの推進に関して何かご相談事がございましたら当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 地方創生とは

    現在日本では、人口減少が大きな問題になっています。特に地方ではそうした傾向が顕著です。こうした事象に対応するため、「まち・ひと・しごと創生」施策を打ち出し各地域が強みを生かした自立的かつ持続的な社会を創生できるよう取り組 […]

  • 地方創生にSDGsが必要な理由

    地方創生を行っていくには、人材の育成や人口減を食い止め持続可能な自治体とするため中長期的な計画が必要になります。SDGsの理念は、そのような地方創生の目的に合っておりSDGsの活用を行うことでより良い創生の実現へつながる […]

  • 地方自治体のSDGsの向き合い方と課題

    地方創生を推進していく中で、SDGsの考えを取り入れ目標を達成していく事が重要になりつつあります。その際、地方自治体がSDGsと向き合う中で念頭に置いておかねばならない事柄があります。 まず、地方自治体の創生に […]

  • 自治体SDGsの導入事例

    各自治体でSDGsの活用が行われ始めています。様々な地域で環境活動への取り組みやSDGsを理解するための研修の実施など様々な活動が行われています。ここではいくつかの事例を紹介します。 ・静岡市静岡市では、SDG […]

  • パートナーシップ制度の導入

    現行の日本における憲法や民法などの規定においては、婚姻は男女のみでなされることになっています(例えば、憲法24条1項参照)。つまり、国レベルで同性婚は認められていません。 しかしながらその一方で、自治体レベルに […]

  • ジェンダー平等はなぜ必要?目的やメリットなど詳しく解説

    近年、ジェンダー平等に関する議論が世界的に盛り上がっています。ジェンダー平等とは、男女や性的マイノリティの人々が、自己実現や社会参加、政治参加などの機会や資源を、差別や偏見などの障壁なしに平等に享受できる状態を指します。 […]



事務所が提供する基礎知識

  • 就業規則作成や見直しを弁...

    使用者と労働者は労働契約を締結しているところ、双方は労働時間や賃金、その他就労に関する条件が労働条件の内容として定めるこ...

  • 働き方改革において企業が...

    近年の働き方改革関連法の動向を受けて、対応を余儀なくされている企業も少なくないでしょう。また、具体的にどのような対応をと...

  • 地方自治体のSDGsの向...

    地方創生を推進していく中で、SDGsの考えを取り入れ目標を達成していく事が重要になりつつあります。その際、地方自治体がS...

  • ディーセントワークとは

    ディーセントワークとは権利が保護され、十分な収入を生み、適切な社会保護が供与された生産的仕事のことをいいます。日本におい...

  • 身近にできるSDGsの取...

    21世紀以降地球温暖化が指摘されて久しいですが、持続可能な社会という地球規模の目標として2015年に国連でSDGsが定め...

  • 【弁護士が解説】商標権侵...

    消費者が商品やサービスの購入を検討する際には、その商品・サービスをほかのものと区別して、いずれを購入するか判断することに...

  • 事業承継・M&...

    〇事業承継問題の現状 事業承継とは会社を後継者へ引き継ぎ、企業を残していくことです。企業を残していくことは意義...

  • SDGsへの取り組みにつ...

    「企業価値の向上を図るためSDGsに取り組みたいと考えているが、どこから手を付けるべきか分からず困っている。」「SDGs...

  • 2022年4月から中小企...

    2022年4月から中小企業もパワハラ防止法の適用対象となりました。このページでは、パワハラ防止法についてご説明します。&...

  • 【弁護士が解説】電子契約...

    現在のリーガルテック市場で最も活用されているのが、「電子契約」です。このページでは、現在のリモートワークが浸透する日本で...

護士紹介

坂 昌樹(さか まさき) 弁護士
「代表弁護士」
坂 昌樹(さか まさき)
問題解決、トラブル回避の第一歩は、相談することから開かれます。処理に困っておられる問題も、法的手続で容易に解決できることがあります。事前にご相談頂くことで、トラブルに発展する前に回避できることもあります。
依頼者の状況とニーズをお聞きし、ベストの解決に至るまでをご協力いたします。まずはご相談ください。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  司法試験合格
  • 平成16年  第58期司法修習生(修習地:大阪府)
  • 平成17年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立
畠山 和大(はたけやま かずひろ) 弁護士
「弁護士」
畠山 和大(はたけやま かずひろ)
クライアントの意思を尊重し、判例等に基づいた根拠のあるアドバイスと迅速・的確なサービスを提供いたします。
「所属団体」

大阪弁護士会

「経歴」
  • 平成15年  国家公務員Ⅰ種試験合格
  • 平成16年  司法試験合格
  • 平成17年  第59期司法修習生(修習地:大分県)
  • 平成18年  弁護士登録、牛田法律事務所入所
  • 平成22年  坂・畠山法律事務所設立

務所概要

名称 坂・畠山法律事務所
所属 大阪弁護士会
所属弁護士 坂 昌樹(さか まさき) 畠山 和大(はたけやま かずひろ)
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館501号
電話番号/FAX番号 TEL:06-6364-6200 / FAX:06-6364-6222
対応時間 平日:9:30~18:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ